犬も夢を見たり寝言を言ったりするの?いびきは病気のサインなの?

うちのミルクは、日中本当によく寝ます。

そう頻繁ではないのですが、時たま手足をバタつかせたり、お口をモゴモゴしたり、唸ったり、かなり大きな寝息をたてて寝ています。
どんな夢を見ているのだろう?と思い、つい微笑ましく見とれてしまいますが、そもそも犬は夢を見ているのでしょうか?

人間と同じように寝言を言ったりいびきをかいたりするのでしょうか?
そしてそれが病気のサインだったりするのでしょうか?

犬も夢を見たり寝言を言ったりするの?

気持ち良さそうに寝ている犬は夢を見ているのでしょうか?

犬も人間と同じでレム睡眠(身体は寝ていて脳は起きている浅い睡眠状態)とノンレム睡眠(身体も脳も寝ている深い睡眠状態)があるようです。
そしてそのレム睡眠時に人間と同じように夢を見ていると言われています。

また人間と同様に寝言も言うようです。

一説には、犬の寝言はストレスによるものとも言われてましたが、日常生活での楽しかったこととかを思い出したりしているようなので、心配いらないようです。
また寝言を言っている時は、無理やり起こしたりせず、見守ってあげていればいいらしいですね。

いびきは病気のサインなの?

それでは、寝言はいいこととして、いびきはどうなのでしょうか?

どうやら、寝言よりいびきの方が気をつけなくてはいけないようです。

犬の病気の中で、「軟口蓋過長症」という気管を塞いでしまう病気や、「気管虚脱」という気管が狭くなってしまう病気に「いびきをかく」という症状があるようです。

この病気は、症状が重くなると呼吸困難を引き起こす可能性があると言われているので、病気のサインかもしれません。

ただし、必ずしも病気か?とは言い切れず、鼻が短い犬種の場合は、体質的にいびきをかくことが多いですし、肥満の犬の場合もいびきをかくようです。

そうなると、うちのミルクはトイプードル×パグで、まさにお鼻が短い犬種となるので、ひとます安心ですね。

まとめ

ミルクは、部屋の中でうまく日光が当たって日差しがあるところを選んでは気持ち良さそうに寝ています。
夜はコタツ布団のくぼみをうまく生かして、そのくぼみにすっぽりと身体を入れて寝ています。
そんなに寝ていると夜寝れなくなるよ~と思うのですが、就寝時間中も問題なく寝ています。自分の布団の上で(;^_^A

ミルクは起きている姿もおもしろいですが、寝ていても見飽きないところがスゴイですね。

あまりに大きな寝息というかいびきなので、はじめはどこから何の音が漏れているのだろうとあちこち探したところにミルクが寝ていたという、ホントに笑ってしまいます。

でもとても幸せそうな寝姿なので、ずっとその姿をみていたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。