犬用のおやつ以外で食べていいものと悪いものはなに?その時の与え方は?

うちのミルクはなんでも食べます。

犬用のおやつはもとより、人間の食べ物でもなんでも。
ゴミ箱で遊んでゴミをまき散らし、お菓子の包み袋もきれいに舐め、やわらかいペーパーも時たま食べるようで。
お散歩時のウンチで明らかにペーパーが出てきたときは驚きました。

そもそもそれはしつけが出来ていなくて、それはとてもいけない事なんでしょうけど、犬用のおやつ以外で食べていいもの悪いものはあるのでしょうか?

犬用のおやつ以外で食べていいものと悪いものはなに?

まず、与えてはいけないものとして、

  • ねぎ類(玉ねぎ、ねぎ、にら、にんにくなど)
  • ぶどう、干しぶどう
  • キシリトール入りのお菓子
  • 香辛料(こしょう、わさび、七味唐辛子など)
  • チョコレート
  • 魚介類(いか、たこなど)
  • 甲殻類(かに、えびなど)
  • マカデミアナッツ
  • コーヒーココア各種お茶類
  • 生卵の白身

があります。

また与えてもよいものとしては、

  • プレーンヨーグルト
  • 茹で野菜

といったものがあるようです。

しかし、総合的に考えると、塩分が多いことや犬と人間とは必要な栄養素が違うので与える量や原料に気をつけなくてはいけないですね。

犬用のおやつの与え方は?

おやつはどんな時にどのように与えればよいのでしょうか?

まずおやつは食事ではないので、ご褒美とかコミュニケーションをとるための手段になります。
それなので、与え過ぎると食生活が乱れたり、肥満になったり、ワガママになったりするので、目的に応じて、食事の10%くらいが妥当と言われてるようです。

かろうじて与えてもよい「プレーンヨーグルト」は、ティースプーン半分ぐらい、「茹で野菜」は生野菜よりも見た目の量が減ってしまうので、量に気をつけて与えるるということですが、食事の10%くらいであると全然足りないように思われますね。
こちらは、あくまでも人間の食べ物なのでしょうがないことだと思います。

まとめ

ちょうだいちょうだいとねだられ、可愛さあまりについつい自分が食べているお菓子をあげることは、相当危険なことでしたね。

また勝手に色んなものを食べてしまうのも、きちんとしつけができていなかったと反省しかり。

今現在特に大きい病気をしていないので、結果良かったのかもしれませんが、現在は栄養バランスがとれている充実したドッグフード同様に、犬用おやつも栄養を考えて作られているので、それをきちんと与えないといけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。